忍者ブログ

私から見るマーケットの姿

基本デイトレ。システムで本来出るはずだった損を裁量で防ぐスタイルのシステム売買を目指し、たまに記事を更新してます。

01/29 感想

--------------------------------------------------
●寄り前に注目していた点
本日政策決定会合DAY(もしかしたら緩和ある?という予想
--------------------------------------------------
     
--------------------------------------------------
 ●寄付後の行動
プログラムトレード

--------------------------------------------------
(内訳)

●プログラムトレード
実需狙いプラス、仮需狙いプラス。トータルプラス。(実際のPLはマイナス)2日連続

・良かったトレード( 特に無し )


・悪かったトレード( 後場日銀後 UFJ 裁量トレード )
日銀がマイナス金利を発表して売られたUFJ、一回売られたあとの戻しを売りその後の下落をさくっと取れて調子乗りました。
その後の戻しで売りまくって死亡、そして高値ドテンで買って死亡。
何やってるんだか。
UFJは雰囲気でやっちゃダメですねあれ、完全に論理というか細かい需給みてピンポイントに当てにいかないとまず利益でない。そう思わされた値動きでした。


 ---------------------------------------------------

 ●前場、後場のダイジェスト(主に先物

・前場

「 寄ってからは弱い弱い、売りが出るねという感じ 」
ファナックの決算の影響でNTは大きくショートで寄り、更にNTは寄り付き後もショートに。TOPIXの値段自体は下がってましたが、個別の株にはちょっと金融緩和期待の買いが入っていたのかな?と思っていました。

・後場

「 日銀のマイナス金利発表されてドタバタ劇 」
日本についに来ましたか、マイナス金利。。。という感じ。個人的には全然学習しておらずわけわからんといった感じでした。
値動き的にもついていけず、前場プラスだったものの、後場完全にマイテン。
最後の最後野村の先物買いを狙って自分も買いにいってそこだけ利益になって、損失を補填したねという感じでした。


・1日取扱い銘柄

140銘柄
 

●1日トータル収益(運用枠に対して%で表示)


-0.06%
プログラム完全依存は+0.17%
(最大利益銘柄 メモ忘れ )
(最大損失銘柄 メモ忘れ(おそらくUFJ) )
先物は除く

売買代金は約26億

●1日の総評(今日の感想、明日の注目点など)

 
プログラムに対して大敗!

2日連続プラグラムに対して大負けか。
ちょっと精神的にしんどいです。
前場はとんどプログラムに対してちょっと負けだったのに、後場壊滅。
うーん、
思い返すと保険株を後場ほぼ最安値に裁量で投げてしまったのが、崩壊の始まりでした。

やっぱり絶対収益を意識すると自分はダメだね。
「プログラムに対して勝つ」、つまり相場に勝つではなく自分自身が作ったプログラムの収益に勝つ。
これだけを意識してやらないと恐怖から変なとこで投げちゃうし、怖いとこ買いにいけない。

プラグラムの収益に打ち勝つことだけを考えるっていうのは、裏を返せば自分の作ったプログラムは絶対に利益を利益をもたらしてくれるという自信を持つということで。

自分をどこまで信じられるかの世界のはずなのに、それができてない自分がいるというね。
つまりは自分の努力不足ってことだ、うん。


私が私をもっと信じられるようになるには引き出しを増やすしかないんだよね。
NARUTOで例えるとカカシ先生みたいに技をとにかく増やすみたいな。
コピー忍者になるべく、上手くいってる人に質門しまくるしかないみたいなね。

一発の大技(=1つの銘柄に大きなお金を入れること)ができないから、いろんな戦略、いろんな銘柄を触ってちょっとずつ全体の底上げをしていく、それが私の成長ストーリーなのは自分が一番よく知ってるはずなんだよな。

新しい収益源を作って収益を増やし、増えた収益を担保に今までの収益源になってる戦略のロットも上げる。
もっと意識して引き出しを増やしていこうと思います。


株の世界の人の成長の仕方って本当に人それぞれの言葉がドンピシャリで当てはまると思うんだけど、
自分自身にあった勉強方法を自分が知ってて、自分がやる気なくならない限り、心が折れることはない気がするな。

反省、2回目。


-----------------------------------------------------------------

にほんブログ村 株ブログへ

PR