忍者ブログ

私から見るマーケットの姿

基本デイトレ。システムで本来出るはずだった損を裁量で防ぐスタイルのシステム売買を目指し、たまに記事を更新してます。

過去の失敗トレード(サンリオ編)

2014年5月22日
(苦しくも、2013年5月23日日経平均ー1000円を喰らったちょうど約1年後でした)
過去の失敗トレード(大暴落の1日編)

その日サンリオはなんと前日比で-512円(-16.43%)の下落をしました。
この日の4本値はこちら

サンリオ(8136)
始値 2800
高値 2801
安値 2410
終値 2598
前日終値 3110

225先物日中(101.555/OD)
始値 14190
高値 14380
安値 14150
終値 14310
前日終値 14040


(図は日経平均225先物の1日の日中チャート)


上記2つを見比べてもらえるとわかりますが、
この日は前日に比べ先物は高く寄った(なんと150円高)にもかかわらず、サンリオ8136は売り気配でした。
通常でしたら、先物が150円高で始まるときは、サンリオもだいたい高く寄って始まるのが普通なのでこの異常性が伝わると思います。

そして先物はこの日さらにそこから高く14380となっているのにも関わらず、サンリオ8136の高値はたったの+1円、ほぼ寄り付き高値です。
つまりサンリオ8136は売り気配で寄り付いたあとに、そこを高値にさらに落ち続けたのです。

---------------------------------------------------------------------

この日、答えから言うと

サンリオは前日にアナリスト説明会を開いており、そこで従来(ここ何年か)重視していたキティーちゃんなどのライセンス収入を得るのをメインにしたビジネスから一転し、
物販ビジネスに軌道修正をするというアナウンスがありました。
これを嫌気した大口が売ってきたのだと思われます。

---------------------------------------------------------------------


しかし、当時の当日私はそのようなことを知らず(知っていてもたいしたニュースだとも思わず)、何これ安いで買い始めます。
まず寄り付きが売り気配で目立つ上に、さらにそこから安くなっていったのを見て、どうせ短期の買いが投げてるだけで、ちょっとすればすぐ戻るでしょう。くらいの気持ちで買い始めました。

そこから下がる、下がる。
板で見ていた私は、2万株、1万株の売り板がどんどん値段訂正で下がり続けていたのを覚えています。

買い板が一桁が並んでる値段のとこ(つまり○百株)に容赦なく、1万、2万株の売りが下のほうまで飛んできて、それを見た短期がさらにその下を売っていく。そしてまた1万、2万の売り板が下に(ry という連続でした。

正直値段が落ちるのが早くて、端末で板を追っていくのも大変でした。

そしてたまに値段が止まるとこ(大きな売り板に対してどーんと買いが入るとこ)で私も買っていた気がします。それでも落ちる落ちる。落ちていきます。


そしてなんとストップ安が見えてきました。
たしかあと数円のとこまで行った気がします。
もしかしたらストップ安の値段をつけたのだったかも知れません。


---------------------------------------------------------------------

ストップ安になってはりついたらどうしよう。
明日このまま売り気配になったらどんだけ損するんだろう。
(この辺りではサンリオの下落が上記のニュースのせいだと知っていました、余計不安になってます)
どうしよう。
どうしよう。



投げました。


---------------------------------------------------------------------


そこからは株価はけっこう戻った気がしますが、よく覚えてない放心状態でした。
まあストップ安見えてはりつかなかったなら、ストップ安の恐怖で投げた人がいる分、そこから株価が高くなるのは当然でしょう。


最初は1000株から何これ安いで買い始めたサンリオ8136。最後はたしか○万株(四捨五入後半)くらい持っていた気がします。

ニュースのない下落はただの意味のない下落だと思って、安易に逆張り過ぎました。


---------------------------------------------------------------------

ここまでで起こった出来事は終わりです。
それではこのような事態を避けるためにはどうすればいいのでしょうか?


まず今回の大敗の大きな原因の

1つ目は

ニュースが見えない下落はたいした下落にならないと思ってたとこです。
基本的に特的の株が大きく売られるときは、
何か業績に大きなアナウンスがあって、それを元に機関投資家などが大きく投げてきて戻らない株価の下落になるという思い込みでした。
(今回の例では大きなニュースを大きなニュースと認識できていなかった点で、知らなかったのと同じ)


2つ目は

大型銘柄の株価が急激に落ちた、つまり急落したときは短期的に戻る局面が来る。大きな短期的な下落ほど、リバウンドも大きいと思い込んでいた。です。
このせいで途中損が膨らんでいく。板を見ていつもと違う異常な売り板と売られ方を見ても投げれませんでした。その後リバウンドはしましたが、あれは事前に買っていた人はほとんど全員耐えられなかったのではないでしょうか。
ストップ手前あたりから買った人が勝者でしょう。



以上、この大敗トレードから導き出されたトレードルールは
①ニュースがなくても株価は落ちるときは落ちるので思い込みをしない
②まずい時ほどリバウンドは遅い。基本的には途中から買っている人は耐えられないくらい遅いので、板を見て、売られ方を見て耐えられないと思うときは自分から下に投げる。


でした。

①、②の両方ともデイトレで慣れてる人が割りと陥りやすい罠だと思います^-^/

以上、過去の失敗トレード(サンリオ編)でした。
こうやって失敗トレードを書いてると私の場合の共通は「逆張り、安易なIN」ですねぇ。



明日から新年が始まるのでこうやって過去の痛い記憶を書いて、気負いすぎないようにしてます。





にほんブログ村 株ブログへ



PR